アイマスP、アイマスに楽曲提供する

おいっす、HaToです。

本日は「THE IDOLM@STER MILLION THE@TER GENERATION 15 Jelly PoP Beans」の発売日です!!!

アイマスで人生変わった。って言っても過言ではないくらい影響を受けたコンテンツなので、

楽曲提供できる日が来るなんて本当に夢のようです・・・😂😂😂

早速我らが聖地、新宿タワレコへGO🏃‍♂️

ドーン!!!!!

盛大にピックアップされてる!!!!

うれしい!!!!

ドーン!!!!!!!!!

「作曲はアイマス初参加」ってところまでチェックしてもらえててとてもうれしい!!!!!

まだ聴いてない方はこちらから試聴ができます👍

https://www.youtube.com/watch?v=kEMGdlGgs2M

~~~ここから自分語り~~~

オタクだからすぐ自分語りしちゃう。

僕がアイマスにハマるきっかけは友達の勧めでした。

高校の同級生で一緒にバンドやってた友達。

時は2015年・・・

当時やっていたバンドのメンバーが抜け、いいメンバーがなかなか見つからず休止状態でした。

30歳までに音楽の仕事取れなかったらおとなしく就職。っていう親との約束もあったので、

どうしよう・・・って相談していました。

ひととおり話が終わったところで言われたのが

「そういえば、アイマス見たことある?」

お前、俺が真面目な話で相談してるというのに・・・

アイマスといえばニコニコでよく見かけるアレ、っていう印象だったんですけど、

「アニメ面白いから見てほしい」

とのことで見はじめました

そしたらまぁーーーーーーーーーー

ドはまりしましてw

音楽を仕事にしたいけどどうすれば・・・

と悩んでいた僕に見事にブチ刺さりました。

やよいの弱音を吐かない性格は尊敬ものだし、

あずささんの「頑張ってれば誰かが見つけてくれますよね」

っていう言葉に共感して頑張ってきたし

気付いたら全話見てました。

26話あるんですけど、後半はずっと泣きながら見てましたね。

24話は今見ても泣く・・・

劇場版の円盤発売記念で映画が再上映されると知ったときはもうすぐ行きましたね。

夜勤のバイトが終わって帰らずそのまま観に行って、

一瞬たりとも眠くなることなく、ひたすら号泣してました。

10thライブの申し込みが始まり、抽選に当たったので行きまして。

バンドはやめにしてプレイヤーにするか作曲の方で頑張るか悩んでいたんですけど、

そのライブをきっかけに「アイマスに楽曲提供する」ことを目指して動き始めました。

デモ音源を作り、作家事務所へ応募。

コンペをもらえるようになるも、当然のように通らない曲。

バンド編成の曲しか作ったことなかったのでかなり苦しみました。

1年近く採用のないまま曲を書く日々。

当時やっていたギタリストのアシスタントやバイトの合間に作曲をしていたので、

睡眠時間を削ってメンタルがやられたこともありました。

やめる選択肢だって普通にあったし、今思えばその方がラクになれたと思います。

でも何としても音楽で仕事がしたくてつらいときはアニマス見返したり、

あずささんの言葉を思い出しながら頑張ってました。

ドロップアウトしてなくて本当に良かったって思う。

アイマスもオススメしてくれた友達も、間違いなく僕の人生の転機になった。

まだ音楽だけで生活していけるほど稼ぎはないけど、

ちゃんと稼げるようになってまた一緒にバンドやりたいなって思ってます。

以上、友達とアイマスに救われた話でした。

次の目標は僕がアイマス楽曲に作編曲で採用されて、友達にベースをお願いすることです。

がんばる。

タグ:

【タグ】

© 2016 by HaTo created with Wix.com